mewの観劇日記

mewが観たお芝居の感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ぶるー・ブルー・バースデイ

bd.jpg

日程:6月22日(金)~7月2日(月) 
場所:東京芸術劇場小ホール2
料金:前売¥6000、当日¥6500(招待¥0)
観劇:6/24(月) 19:00 
出演:いしだ 壱成 中澤 裕子 住田 隆 大口 兼悟   
   須藤 温子 吉田 昌美 蛭子 直和 
   小休 暁 佐渡 稔(東京ヴォードヴィルショー)

《ものがたり》
ある事件に巻き込まれた家族の1日を、ブラックコメディに仕上げた舞台。

11年ぶりの主演舞台、いしだ壱成さん。(パパからお花届いてた!)もしかして、舞台は「毛皮のマリー」以来かな?そういえば、彼が主演するはずだった、新感線の「大江戸ロケット」チケットとったはいいけど、例の事件で・・・だったなぁ、と思い出しつつ池袋へGO!

あれ?芸術劇場って池袋のどこだっけ?久しぶりなんですっかり忘れてしまった。えーとえーと、確か長瀬君が出てたドラマの・・・池袋ウエストゲートパークが目の前なんだよなぁ。・・・西口か(笑)

何だかね、微妙におかしな舞台でしたよ。
みんな慣れてないっていうか・・・まぁ、本当に慣れてないんでしょうね(^。^;)脚本は面白かったと思います。セリフでプッ!ってふいちゃうところがたくさんありました。うわー、もったいない、見せ方次第で今のつかみ所なのにって思うところもいっぱいあり。やっぱり、問題は演出なんでしょうかね。動きが大げさな、昔の翻訳劇を観ているようでした。友近がよく、アメリカの青春ドラマの物まねやるでしょう?あんな感じです。それが、演出家の方が考える「演劇」なんでしょうね。セリフしゃべるときだけセンターに集まって、棒立ちのまま大げさな手振り身振りでセリフ言ってるの。これって演劇で1番やっちゃいけないことなんじゃ?

もうねぇ、初めの30分くらい帰ろうかどうしようか迷っちゃった。こりゃ、時間がもったいない。でも招待席だから悪いなぁ・・・小劇場だから、途中退席は目立つなぁ・・・と思っているうちに、時間が気にならなくなってきた。
やっと舞台があったまってきたみたい(^_^)

思ったよりもモー娘、初代リーダー中澤さんが良かったわ。
セリフがとっても聞き取りやすい。友近的な演出がなければ、もっと上手になると思う。オスカーの若手、須藤温子も良かった。あとねぇ、保険会社の営業マン役、大口くん、ジャニ系でかわいい♬♫

1番良かったのはビシバシステムの住田さん。
彼のつっこみで舞台がいきいきしてくる。でもアドリブがウケルのかと勘違いした役者が内輪うけのボケをかましたり、ヘンな間をあけたりでまたもやシラ~ッ・・・。

いしだ壱成くんは、とにかくかわいそうだったな。
役も虐げられた役だったし、演出も・・・特にラストね(^。^;)
もう苦笑しちゃったわ。

最後に一言。
「暗転が不自然!!」
二言。
「なぜ漫才!?」
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京芸術劇場東京芸術劇場(とうきょうげいじゅつげきじょう)は、東京都豊島区西池袋にある総合芸術文化施設。東京都歴史文化財団が管理と運営を行う。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History Li

『ホール』全国一覧。 2007年07月27日(Fri) 17:54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。