mewの観劇日記

mewが観たお芝居の感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

THE CONVOY SHOW 「ATOM’06」



20周年記念作品 THE CONVOY SHOW 「ATOM’06」追加公演
日程:5月10日(木)~14日(月)
場所:ゆうぽうと簡易保険ホール
料金:¥8500(招待¥0)
観劇:5/11(金) 19:00 2F3列目下手サブセンター

<ものがたり>
それぞれ有名な哲学者の名前を名乗る6人の青年たちが「真夜中の詩人の会」を行うため、とある倉庫に集まってくる。互いに詩集を持ち合い、己の存在をかけて詩人の会を始めようとした時、謎の人物が割り込み「お前たちの中で俺は存在する!」と言い放ち、6人を戸惑わせる。いったい彼は誰なのか、彼の言ったことは何を意味するのか?パフォーマンスを繰り広げシーク&ファインド!簡単に言うと『モラトリアムな40男の自分探しパフォーマンス』といったところでしょうか。

__
コンボイ初見!
20年目にして、やっと素直に観ることができました。
私にとっては以前の四季のような、食わず嫌いの存在。
歌とダンスと芝居のショー?”全員180センチ以上、全員30代、クロフクのイケメン!(当時はイケメンなんて言葉はなかったけど)”みたいなあおり文句と、たけしやフルタチさんなど有名人の「感動した!」などのコメントを載せたチラシを見て、俗っぽいイメージでちょっと嫌悪感がありました。

e+の紹介文を読むとザ・コンボイ・ショウとは??
『ひとつのドラマの中で、様々なパフォーマンスが繰り広げられる、全員が主役で脇役のノンストップ・エンタテインメント・ショウ。いまや一つのジャンルと化した』とのこと。

うーん、確かに、確かに。一つのジャンルと化していたのは知りませんでしたが(笑)たっぷり2時間半、休む間もなく芝居~ダンス~歌~タップダンス~バンド(楽器演奏)~和太鼓etc・・・。

全員、得意分野はあるみたいだけど、どれも一定のレベル以上にこなしてる。ものすごい練習量、そしてものすごい体力!今は全員が40代(主宰のねずみさんはもうすぐ49歳に・・・カレはいいとも青年隊だったのよね~)モウそれだけで素晴らしい!感服つかまつった!って感じです。

私はどうしても芝居を中心に観てしまうので、そこだけちょっと一言。初めのお約束ネタ?いじり過ぎて長く感じました。初めから飽きちゃって「どうしよう~2時間半もあるのに!」って。ねずみさんが出てきてからはテンポが良くなり、一安心。
最初の芝居の部分は、メンバーの実際の関係性を知らないと(つまりファンじゃないと)わからない所があって--常連さんだけが笑ってる--初見の私は「・・・ん?」20周年記念公演だし仕方ないかぁと思いつつ、疎外感があって、なかなか芝居に入り込めませんでした。私は舘形比呂さんの足が短いとか顔が大きいとか、ちっとも思ってなかったんですよね。

コンボイは初見でも舘形比呂さんだけは2回目。7,8年前かな。「観客席」という舞台を観て、とっても、とっても妖しくて美しくて。ずっと見続けていたい・・・と思わせてくれた人。演劇の醍醐味を再確認させてくれた舞台でした

そんな美しい舘形比呂さんも40代。萩原朔太郎の「崩れ行く肉体」をテーマにダンスパフォーマンス。ミッチー用のものすごく良く見える大きなオペラグラスで(^。^;)しっかり見てまいりました。
相変わらずキレイ。あの上腕二頭筋の美しさ!どうやったらあんな、ギリシャ彫刻のような美しい筋肉ができるんでしょう。筋肉フェチに陥りそうな、惚れ惚れするおカラダでしたわ(*δ,δ)σ舘形さんのダンスを近くでじっくり見てみたいものです。

※通りすがりのコンボイファンの皆様にお聞きしたいのですが・・・舘形さんは本当にゲイなんですか?それとも役の上だけでしょうか?気になります(^。^;) 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中原中也詩集 (新潮文庫)

無論、ダダイズムに関して異論などを唱える気をおこさせない。また、ノスタルジア。当時の若者の中で秀でていたことが青臭さとともに胸に沁みいる詩ばかりである。また、詩に関していちいち解釈をする形式ではない為、自分の心で素直に感じることができる一冊である。中也の

詩集の感想 2007年10月14日(Sun) 23:21

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。