mewの観劇日記

mewが観たお芝居の感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

花火が上がるよ^^



花火は配色を手作りできるのが面白かった^^
どの花火が良かったですか?
キレイなので貼り付けてみました。

丸井の通販サイトがやっています。

スポンサーサイト

PageTop

*pnish*プロデュースvol.4「その鉄塔に男たちはいるという」

sono.jpg

◆期間 2008年4月24日(木)~5月1日(木)
◆劇場 青山円形劇場
◆脚本 土田英生
◆演出 茅野イサム
◆CAST
土屋裕一,鷲尾昇.上原健太(扉座).黒川薫(グリング) ,小須田康人
◆チケット料金 ¥4000(ヤフオクにて送料込み¥710でget!)
◆観劇日 5/1(木)17:00千秋楽
◆前から3列目。上手寄り

---
◆おはなし
時は現代~近未来?日本は戦争中です。
慰問に来ていたパフォーマンスグループ「コミックメン」の4人は駐屯地から逃げ出した。1週間後のゲリラ一掃戦まで隠れていれば終戦になり、日本に帰れる!と思い、近くの森の鉄塔に隠れ住むことに。4人を追って、さらに脱走兵がやって来た・・・。

このチケット、初めは¥100で売っていたんです。
千秋楽なのに¥100て・・・。しかも大量に出回っていました。
たぶん、ファンの女性達が良い席を求めて「スタジオライフ」的な買い方をするのでしょう。
もしくは業者が高値を狙ってまとめ買いをするとか。何にせよ、少ないお小遣いで
できるだけたくさんの芝居が見たい私にとっては、大いに助かります。

*pnish*の二人は初めてですが「テニスの王子様」という
ミュージカル出身の人たちだそうです。
私だってイケメン好きなミーハーですから、興味がないわけではないですが
今回のお目当ては、土田英夫さんのこの戯曲。ここ何年か、いろんな人が
いろんな所でこの芝居をやってました。よほどウエルメイドな作品なのでしょう。

さらには、扉座の茅野さん演出、元第三舞台の小須田さんご出演。
そして・・・100円!?
こりゃ、買っとかなきゃでしょう。¥410で落札+送料¥300なり。

余りにも安すぎるチケットに、偽造チケットではないかとドキドキしながら入場。
良かった、何事もなく入れた(ホッ)。

この物語は90分のコンパクトな芝居。
説明らしきセリフは余り出てきませんが、何となく会話の端々からわかってくる。
日本が急に戦争を始め「こんなふうになるなんて1年前は考えられなかったもんなぁ」
相手の国は、どうやら熱帯の発展途上国らしい「1週間後のゲリラ一掃戦で終戦だよ」。
すごい、すごい。話が・・・オモシロイ。そのうちルールを決め、きちんと行動したがる二人と
楽しく気楽にやりたい二人に分かれてしまう。2組の間でおろおろする脱走兵。
会話がいい、間がいい。やるじゃん、若者4人よ♦♫⁺♦

「♪ようこそ、ココへ・・・コミックメンズショー」
歌って踊って、コントやって。おとなしかった脱走兵もだんだんその気になり
才能を開花させる。小須田さんの階段芸、面白すぎ!正面の席で観たかったわ。

この芝居は役者さんの力量が問われますね。
短い時間にギュッと凝縮。5人の中で、丁々発止、どんどんボールを転がしていかなきゃ
成り立たない。千秋楽に観て良かったかも。とってもいい芝居でした。観て良かった。

お話のラスト。
予想していたとはいえ・・・話の流れからこういうラストじゃなきゃね、と思っていたけど。
人を殺すことが勲章になる兵士たちは戦争中って、集団ヒステリックの
ようなものになるんだろうな。人を狂わせる戦争って怖い。戦争は嫌だ。

この物語のように、戦争って簡単になっちゃうものなのかなぁって、思う。
あれよあれよという間に、どんどん勝手に決められてしまうもの?
今の状況だと、そうなってもおかしくないんじゃないかって、スゴク危機感を
持った。不安になった。今の自分に何ができるんだろう・・・って思ったよ。

PageTop

風間杜夫の落語会『春の杜』

morio.jpg


日時:4月19日(土)14時開演/19時開演
場所:草月ホール
料金:\3500(招待¥0)
出演:風間杜夫
ゲスト:昼の部:川柳川柳 夜の部:林家たい平
オープニング・アクト:川柳つくし
司会進行:栗村智(ニッポン放送アナウンサー)

観劇日時:4/19 14:00
__

以前から興味はあったものの、生の落語は初めてです。
そして、ワタクシの特別な人♥♥♥風間杜夫さん♥♥♥

私が1番好きな戯曲は、いわずと知れた「蒲田行進曲」なわけですが
風間さんと言えば、銀ちゃんですよね。決して『教官!!』じゃ
ありませぬ^^;

まずは前座の川柳つくしさん。
まったく知識がなかったのでWikiで調べてから行ったのですが、
こちらの方は女性の落語家さん。美貌で有名な方だそうです。
映画にもなった「しゃべれども、しゃべれども」っていう、
落語を題材にした小説をちょっと思い出しました。

続いて、お待ちかね、風間杜夫さん。
おぉ、出囃子は蒲田行進曲です。♪キネマの天地~
浅黄色の着物をスッキリいなせに着こなしています。
演目は「夢の酒」。

こうやって、お披露目会をしちゃうくらい落語好きなだけあって
さすがにうまい。声がはって聞き取りやすいし、落語によくある、
会話の部分も演じ分けがしっかり。さすが舞台で鍛えただけあります。
のってくると、役者・風間杜夫がチラリと見えたり^^

続いてゲストの川柳川柳(かわやなぎ・せんりゅう)さん。
Wikiを読んだら、まぁ、ハチャメチャな方ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E6%9F%B3%E5%B7%9D%E6%9F%B3

川柳さんは、80歳近いかくしゃくとしたご老人。落語と言うより
漫談でした。軍歌やジャズをノリノリで歌いまくり。
楽しかったです。

そしてトークタイム。
ラジオのアナウンサーさんの仕切りで出演者勢ぞろい。
なごやかに対談。はぁ、風間さんて、もう50代後半・・・?
嘘でしょ、見えない(;゚д゚)

仲入り後もう1題。風間さん大トリです。
「火焔太鼓」
枕の話が楽しかったな。ラーメン屋さんで大竹まことさんと
斎木しげるさんで出前持ちをしてた話、仮面ライダーショーで
バイクに乗れず(ライダーなのに!?って繰り返して言われるトコ大爆笑!!)、
丘の向こうから走って登場、疲れ切って、止まったバイクにも乗れず、転倒。
子供たちに「あーあ・・・」と呆れられたとか(笑)

落語って子供の頃、テレビで「笑点」を見るとはなしに
眺めてたくらいで、元ネタを知らないのですが。初めにやった
「夢の酒」も「火焔太鼓」も面白い話でした。グイグイと
ひきこまれましたわ。

クドカンのドラマ「タイガーアンドドラゴン」から寄席に来る
若者がドッと増えたそうです。私も本場の寄席の雰囲気を
味わいたくなりました(^o ^*)

PageTop

妊娠させて!!!

nin


場所:池袋芸術劇場中ホール
出演:マルシア、今井清隆、鈴木ほのか、ANZA、三矢直生 他
作:古城十忍
演出:忠の仁 
料金:S席¥8,000、A席¥6,000(懸賞で当選¥0)

<おはなし>
産む?産まない?女の幸せって何なの?
「赤ちゃんが欲しい---------!!」
切実な思いを乗せて「男と女の愛のカタチ」を描く、
ヒューマン・コメディ・ミュージカル。

またもやチケットが当たりました♦♫⁺♦
マルシア初主演のミュージカルコメディです。
考えてみると、マルシアを舞台で観るのは初めてです。

主演なんだけど、出ずっぱりではなく、むしろ出演シーンは少ない。
歌は初めにうまいなぁと思って観てたけど、鈴木ほのかと三矢直生と
3人で歌うシーンは一人だけ発声が違う感じで目立っていました^^;

1番良かったのは今井清隆さん。
こちらは四季の方ですね。歌も演技も頭ひとつ上でした。
コミカルもシリアスも両方OKですね。

あとね、結婚相談所の男の存在がわからなかったんだけど
HPの解説読んでやっとわかった。ミュージカルシーンで彼の物語が
あったらしいんだけど、どうも私は歌になっちゃうと、
ボーッとしちゃうようで、本気で歌詞を聴いてなかったのね.

以前観た、四季の「壁抜け男」はセリフが一言もなくて、すべてが歌。
いやぁ~、この時はずっと意識を集中していたので疲れました(笑)
歌詞を聞き取るのってけっこう大変なんですよね。

前席のお客さんたちは「脚本が良くないねー」なんて言ってたけど
私は面白いと思ったな。コメディって言ってるわりに笑えないですが。
テーマがシリアス過ぎるでしょ~

「いつも青い鳥を追いかけてる」ってセリフが印象的。

PageTop

ハナウタ商店街へようこそ

作/演出 福永朋仔
会場   横浜 人形の家

演劇初体験の素人さんたちによるお芝居です。登場人物が
とっても多いんだけど、演出さん偉い。ちゃんと一人一人に
スポットが当たってる。役者さんたちも、ほとんどとちらない。
よく練習したんだね。中にはスゴイうまい子もいて、見ごたえが
ある作品でした。 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。